このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しい【栗ご飯】の作り方とは?面倒な栗の皮むきは簡単にできる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年2月 9日

季節の味覚を堪能できる栗ご飯。美味しいことは分かっていても、作るときのボトルネックは栗の皮むきではないだろうか。この記事では、面倒な栗の皮むきを簡単にするコツをふまえた美味しい栗ご飯の作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 栗ご飯の下ごしらえ

栗ご飯のメイン食材は米と栗である。ご飯と一緒に栗を炊き込むだけなのだが、生の栗を使う場合は栗の皮をむかなくてはいけないため下ごしらえが必要だ。
栗ご飯では栗を多く使うため、効率よく皮むきしていかなくてはならない。皮つきの栗を10~15分ほどぬるま湯に浸しておくと、皮(栗の外側にある硬い皮)が柔らかくなるため皮がむきやすくなり作業がスムーズにできる。皮が柔らかくなったら栗の底の部分を切り落とし、皮と実の間に包丁が入るようにする。底の部分から包丁を入れ、鬼皮と渋皮(鬼皮の内側にある皮)をむけば栗の皮むきが完了だ。ぬるま湯に浸す時間がないときは、力がいるが最初から包丁で底の部分を切り落として包丁で皮をむいてもよい。皮がむけたら好みのサイズに切り分ける。栗の存在感を出したいなら大きめに切るのがおすすめだ。

皮つきの栗を使う場合は下ごしらえが必要だが、むき栗を使う場合は下ごしらえの時間が不要となるので時間短縮になる。だが、旬の時期に栗ご飯を作るなら栗の皮むきからぜひ挑戦してほしい。硬い皮から現れる黄色い実が栗ご飯をより楽しみにさせてくれる。

2. 栗ご飯作りの流れ

栗の皮むきができたら、あとは米と一緒に炊き込むだけだ。浸漬させておいた米を炊飯器にセットし、水と栗、調味料を加えて炊飯器のスイッチを入れればあとは炊きあがるのを待つだけだ。水加減はいつも通りで問題ない。また、栗ご飯に使用する調味料だが。シンプルに米と栗の甘みや旨みを堪能したい場合は塩のみでよいだろう。塩だけでは素っ気なく感じる場合は酒やみりんを加えてもよい。

栗ご飯を炊飯器で炊くのもいいが、時間に余裕があるなら土鍋ご飯にもチャレンジしてみてほしい。土鍋で美味しくご飯を炊くためには火加減や時間をきちんと管理しなくてはならないため手間がかかるが、炊飯器では出せない美味しさが味わえる。とくに新米は水分量が多いため土鍋で炊くとふっくらと美味しいご飯が炊ける。ただし、土鍋で栗ご飯を作る際にそのまま生の栗を入れてしまうと火が通らない場合があるので、あらかじめ下茹でするか小さめにカットしておこう。その後、米や水、栗、調味料を土鍋に入れたら最初は中火にかけて沸騰させる。沸騰したら弱火にしてさらに15分火にかける。火を止めたら、ふたは開けずにそのまま15分蒸らせば、土鍋の栗ご飯が完成する。

3. 栗ご飯を美味しく作るためのポイント

栗ご飯を美味しく作るためには、材料選びが重要となる。なかでも栗ご飯の主役となる栗の選び方はとくに重要となる。皮をむいてみなければ分からない部分もあるが、皮つきの場合でも見分ける点がある。見た目としては皮にツヤがあり、丸みを帯びているもののほうがよい。また、傷がついていないかもよくチェックしよう。傷がついていると見ためが悪いだけでなく、中に虫がいる可能性もあるし、中に虫がいなくても虫食い穴から傷み始めるため食べるのは避けたほうがよいだろう。また、持って比べることができるならば重さも確認しよう。新鮮な栗であるほど重さがずっしりとしている。

米の研ぎ方や浸漬にもポイントがある。米が美味しく炊ければ当然ながら栗ご飯も美味しくなる。まずは米の研ぎ方だが、最初は軽くすすぐだけにするのがポイントだ。米は研いでいる最中にも吸水してしまうため、最初の研ぎ水で長く研いでしまうとゴミや汚れのついた水を吸水してしまう。そのため最初はゴミや汚れを取る目的でサッと研ぎ、2回目以降でしっかりと米を洗っていこう。大体3~4回水を入れ替えたら研ぎ終わりと考えよう。白く濁った水が出なくなるまで研いでしまうと洗いすぎになってしまい、米の風味が損なわれてしまう。洗い終わったら水を入れて最低でも30分は浸漬させよう。浸漬させることで米の中にまで水が入り、ふっくらとした米となる。

結論

栗ご飯を作るうえでもっとも面倒な作業が栗の皮むきだが、あらかじめぬるま湯に漬けておけば皮が柔らかくなりむきやすくなる。また、栗ご飯で使用する調味料を塩だけにすることで栗や米の甘みや旨みが引き立つのだが、ぜひ土鍋で炊いてみてほしい。炊飯器よりも手間がかかる分、いつもとは違う栗ご飯の美味しさを堪能できる。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ