このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
多種多様【レタス】の美味しい調理法。スープで?炒める?包む?

多種多様【レタス】の美味しい調理法。スープで?炒める?包む?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年2月18日

レタスをサラダ以外で食べる調理法なんてあるのか?と思われがちだが、意外にも、炒めたりスープにしたりすると、シャキシャキした歯ごたえを保ったまま甘味が増すので、生よりも美味しいと感じる人が多い。そこで、甘さが倍増するレタスの調理法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レタスをスープで。サッと加熱すれば甘味が倍増

レタスというと、サラダやサンドイッチなど洋風の料理に使われ、生の食感を楽しむというイメージが強い。しかし、スープに入れてサッと加熱すると、葉そのものの甘味が増す。しかも、シャキシャキした歯ごたえも楽しめるので、生のレタスよりも美味しさがアップするといえるだろう。スープの具材に困ったら、最後にレタスを加えてみよう。いつものスープが新鮮に感じられるはずだ。

オススメは、玉ねぎとベーコンで作るシンプルなコンソメスープ。まずは鍋にオリーブオイルを敷きベーコンをじっくり炒めていこう。旨味が十分に出たら玉ねぎを加えて油をなじませ、水を加えてひと煮立ち。スープの素と塩・こしょうで味を調え、ちぎったレタスを加えひと煮立ちさせたら出来上がりだ。味付けは薄味の方がレタスの甘味を感じることができる。ホールタイプのコーン缶を加えてもよく、簡単に作ることができるので、忙しい朝にも向いている。

和食なら、レタスをちぎって味噌汁にパッとはなし、ひと煮立ちさせてみよう。お椀にレタス!?と思うかもしれないが、食べてみると葉がシャキシャキとしていて実に美味しい。生のレタスはカサが多く、バリバリして食べづらいが、ちょっと加熱するとしっとりするので食べやすくなり、量もたくさん食べられる。1玉を使いきれそうにない時は、スープに使うとよいだろう。

2. レタスを炒める。肉・魚介・卵などを合わせて

レタスは炒めても美味しい。炒める時は醤油ベースの和風や中華風にすると失敗が少ない。また、肉や魚介類の炒め物を作る時にレタスを加えるとボリュームが増すのでカロリーが抑えられ、メタボ対策にもなる。お腹まわりが気になるお父さんは、レタスをたっぷり使った炒め物に挑戦してみよう。

レタスはすぐに火が通るので、炒める時はクタクタになるまで加熱しないように気を付けよう。シャキシャキとした歯ごたえが残る程度にサッと炒めたら、すぐに火から下ろすのがコツだ。また、味が淡白なので、水溶き片栗粉などでとろみをつけると、タレが絡まりやすくなって味に深みが生まれ、より美味しくなる。

一緒に炒める具材は何でもOK。たとえば、豚の細切れ肉に醤油と酒で下味をつけ、軽く小麦粉をまぶしてからゴマ油で炒め、最後にレタスを投入すれば完成。生姜の千切りやラー油を加えるとパンチの効いた味になって美味しい。鶏肉や牛肉で作ってもなかなかいける。しかし、ベビーホタテやエビ、イカなどの魚介類と炒める時は、下味に醤油を使うと色が茶色っぽくなってしまうので、塩とこしょうをまぶす程度にしよう。

また、卵を割りほぐして熱々のフライパンに流し入れ、フワッと大きいかたまりになるように加熱し(炒り卵にしない)、ちぎったレタスを加えてサッと火を通し、マヨネーズで味付けをしても美味しい。卵とレタスがあれば5分でできる時短メニューだ。

肉や魚介、卵や練り物など、レタスにはどんな具材と炒めても美味しくなる包容力がある。生のレタスに飽きたら、たまには炒めるという調理法を活用してみよう。

3. レタスで包む。ピリ辛の豚ひき肉が好相性

焼き肉屋ではサンチュで肉を包んで食べるが、レタスを使って、いろいろな食材を包んで食べるのもオススメだ。

食べやすくて、しかもボリュームがあるメニューとして、ひき肉炒めのレタス包みはいかがだろうか。ニンニク、生姜、長ネギのみじん切りを炒め、香りが立ったら豚ひき肉を入れて、肉がポロポロになるまで炒める。醤油、砂糖、酒、豆板醤で味つけし、汁気がなくなるまで炒めたら完成だ。

辛い味がお好みならラー油を足すとよいだろう。ピリ辛味のひき肉をレタスで巻けば、家族みんなでもりもり食べられる。きゅうりや大葉の千切り、貝割れ大根などを一緒に巻くと、さらに美味しくなるのでお試しを。

結論

色白で淡白、冷たいガラスの器が似合うサラダ用の野菜というイメージがあるレタス。しかし意外にも熱を加える調理法の方がより甘さを感じると聞けば、新たな食べ方の発想が次々と湧いてくるだろう。生で食べるものという思い込みから解き放たれたレタスを、様々な方法で調理して、新たな味わいを発見してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >