このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かたまり肉を柔らかく仕上げる正しい茹で方。独特な臭いを落ちる?

かたまり肉を柔らかく仕上げる正しい茹で方。独特な臭いを落ちる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月19日

かたまり肉を調理した経験のある人はどのぐらいいるだろうか。料理に慣れていても、肉のかたまりを上手に調理するのはなかなか難しいだろう。そこで、今回は肉のかたまりを上手に茹でるコツについて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 茹でて臭みを取ろう

肉のかたまりは、茹でると肉の臭みや余分な脂肪分を取り除く効果がある。美味しく茹でるコツは、少し手間はかかるが、最初に沸騰したお湯で湯引きして、その後、水からもう1度茹でると良いだろう。湯引きの代わりに、表面を軽く焼いても良いだろう。この方法により、肉の旨みを閉じ込め、美味しく仕上がるのだ。

2. じっくり茹でて柔らかく

強火で茹でると肉の旨みが逃げ出してしまい、パサついてしまう。かたまり肉を料理する際は、弱火で時間をかけて茹でる事が美味しい料理に仕上げるコツだ。茹でる時間は長ければ長いほど良い。

3. オススメのかたまり肉料理

お肉のかたまりを茹でる料理は、豚ばらブロックを茹でるチャーシューや角煮、鶏肉であれば棒棒鶏などだ。正しい手順に則って肉をゆっくりと茹であげれば、旨みを閉じ込めて柔らかい肉料理ができる。
また他のお肉のかたまりを茹でる料理として韓国料理のサムゲタンがある。サムゲタンは、高麗人参、にんにく、ナツメなどを香辛料に使い、鶏肉を丸ごと茹でる体に良い料理だ。

結論

ここでは、肉のかたまりの茹で方を紹介した。大きな肉のかたまりを調理するのは、男性が好みそうな豪快な料理のようだが、実際はじっくり時間をかけて茹で上げる緻密な部分も必要だ。ここで紹介した情報を参考に、是非しっかり手間ひまかけて美味しい肉料理を作って欲しい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ