このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
洋風の味付けに欠かせない基本の調味料を紹介!

洋風の味付けに欠かせない基本の調味料を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月31日

料理をするうえで欠かせないのが調味料。これらを加えるだけで味に深みが出て、イメージの味に近づく。ここでは洋風料理を作るために最低限必要な調味料として、ケチャップ、マスタード、オリーブオイル、バルサミコ酢、カレー粉を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 定番調味料のケチャップとマスタード

程よい甘みと酸味のあるトマトケチャップは、チキンライスやオムライスの味を決め、肉や魚料理に添えれば、それだけで味が引きしまる。旨みの素であるグルタミン酸が豊富なので、カレーや味噌汁に加えると出汁のような役割も果たす。マヨネーズと和えたオーロラソースは人気の定番ソースだ。

からし菜の種の一種であるイエローマスタードに酢と調味料を加えたマスタードは、和がらしに比べて辛みが穏やかで酸味があるので、応用範囲が極めて広い。ケチャップとともに、ハンバーグやソーセージには欠かせない。

2. イタリア料理の基本中の基本

オリーブオイルは、新鮮なオリーブの実のみで作られ、オレイン酸が豊富な健康的な油である。パスタだけではなく、サラダとも、肉や魚とも相性抜群だ。しかも、高温で品質が劣化しないので、揚げ物にも最適である。

中世では不老長寿の薬とされていたという、独特な味と香りのバルサミコ酢。ブドウを煮詰めて発酵させ、熟成した酢は、サラダや生ハム、刺身などに一滴加えるだけで、独特な風味が増す。また、酵素が肉を柔らかくするので、煮込み料理にも重宝する。

3. 一振りで本格カレー料理ができるカレー粉

カレー粉はウコンやトウガラシなどの漢方のスパイスを多数ミックスした健康スパイス。チャーハンに混ぜればカレーチャーハンが、肉や魚にまぶして焼けば、美味しいカレー風味の料理が簡単にできる。自家製カレールウも試してほしい。

結論

料理に簡単に味付けできる便利な調味料。一度に使う量は少ないので、できるだけ品質にこだわり、良質なものを選びたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >