このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【つみれ】には肉も魚も合う!つみれの作り方や鍋レシピを一挙公開

【つみれ】には肉も魚も合う!つみれの作り方や鍋レシピを一挙公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月 2日

鍋のときに大活躍のつみれ。つみれは肉でも魚でも作れるとあって、万能な食材である。つみれの活用方法やカロリー、糖質についても知っておこう。また、つみれを使った鍋レシピや作り方のポイントなども紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. つみれで魚料理のマンネリ打破

魚料理は毎回似たようなレシピになってしまって、マンネリしやすい。そんなときにおすすめなのが魚のつみれ。フードプロセッサーを使って魚をミンチ状にして、卵や片栗粉、調味料などを混ぜ合わせれば作れる。つみれになることで、小さな子どもも魚を喜んで食べるだろう。魚のつみれが完成すれば、揚げ鮭つみれやイカのつみれソテーなど展開レシピがたくさん生まれてくる。
この記事もCheck!

2. つくね、つみれ、ハンバーグの違いを紹介

つくねは「つくねる」が語源で、こねて丸めるという意味合いを持つ。つみれは「つみいれる」が語源で、少しずつちぎって鍋などに入れて茹で上げる。したがって、これらの違いは調理方法である。ハンバーグはつくねと同じようにこねて丸めるので仲間といえるが、材料の違いによって違うものと分類されるのだ。
この記事もCheck!

3. つみれ鍋をメインとしたおすすめ献立

栄養バランスのよいつみれ鍋の具材は柔らかく煮込まれるので、食感が欲しくなるかもしれない。そんなときは、きゅうりのラー油和えなどがあるとよいだろう。鍋の〆にごはんや麺を入れると、カロリー過多が気になるという人がいるかもしれない。これを解決するには炭水化物の量を減らし、卵や焼き海苔を加えるというのもおすすめである。当日食べてしまわずに具を足して、翌朝野菜スープにするなどアレンジを加えるのもよいだろう。
この記事もCheck!

4. 秋刀魚のつみれ鍋を作るポイント

スーパーで安く手に入るのが塩秋刀魚のため、塩秋刀魚を使ってつみれ鍋を作る人がいるかもしれない。しかし塩分過多を招きやすく味付けが難しくなるので、生秋刀魚を選ぶようにしよう。香味野菜との相性がいいので、ねぎやしょうがを加えるのもおすすめ。また柑橘類との相性もいいので、ゆず皮を刻んで入れるのもいいだろう。秋刀魚のつみれは形が崩れやすいので、しっかり加熱するのがポイントである。
この記事もCheck!

5. つみれ鍋のカロリーや栄養をチェック

鍋はほかの料理に比べてカロリーが低いと思われがちである。しかし〆まで食べれば、ボリュームもあり栄養過多になることもあるだろう。カロリーは、使う食材の脂の乗り具合や鍋に使う具材に左右される。つみれ鍋の栄養バランスはいいが、塩分に注意が必要。したがって、野菜を多めにして薄味を心がけたつみれ鍋を作るといいだろう。〆さえ食べなければ低糖質でもある。
この記事もCheck!

6. つみれ鍋にはれんこんがおすすめ

れんこんにはすり潰すと粘り気が出る性質があり、これをつみれのつなぎとして活用できる。そうすれば片栗粉などを加えなくてもつみれが作れるだろう。またれんこんのすり潰し具合を変えることで、つみれの食感にも変化が生まれる。れんこんはつみれのつなぎとしても使えるが、鍋の具材としても使えるので準備しておくと便利だろう。
この記事もCheck!

7. 鶏つみれ鍋を作るコツを解説

鶏つみれは鶏ひき肉から作る方法と、鶏肉をフードプロセッサーですり潰して作る方法の2つがある。歯ごたえを楽しみたい人は鶏ひき肉を使った方法がいいだろう。鶏つみれ鍋の出汁はあっさりとした優しい風味で、淡泊な味わいの具材との相性がいい。〆には余計な調味料を加えなくても、美味しい雑炊などが作れる。そのためほかの鍋の〆よりは、比較的ヘルシーなのかもしれない。
この記事もCheck!

8. つみれのカロリーとヘルシーな食べ方

つみれの材料として、どういった食材を使うかによってカロリーは変わってくる。肉よりも魚の方がカロリー低めとなるので、カロリーが気になる人は魚のつみれにした方がいいだろう。よりヘルシーにつみれが食べたいのであれば、鍋料理がおすすめである。糖質の多い野菜は控え、葉物野菜やキノコ類をたくさん入れよう。また、はるさめはしらたきに変え、〆は食べないようにするのがおすすめ。
この記事もCheck!

9. つみれ鍋とにんにくとの関係をチェック

にんにくは香りが強く使う量に注意が必要。しかし量さえ間違えなければ、メリットが多いのである。魚のつみれの場合は臭みが出やすいが、にんにくによって和らげられるのだ。またにんにくによる風味がしっかり付くので、余計な調味料が不要となり塩分などが控えられる。にんにくは刻んでつみれに混ぜたり、スライスやみじん切りにしてスープに加えたりするとよいだろう。
この記事もCheck!

結論

つみれに使う材料によって風味や食感が変わってくるので、さまざまなレシピが楽しめる。また、鍋だけでなくスープやあんかけなどアレンジも多いので、万能食材といえるだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >