このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【肉じゃが】に合う献立を紹介!副菜でいつもの味わいを変えよう!

【肉じゃが】に合う献立を紹介!副菜でいつもの味わいを変えよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月20日

家庭料理の代表として多くの人になじみのある料理、肉じゃが。甘辛い味で子どもから大人まで幅広い層から支持を受けているので、食卓に並ぶことも多いのではないだろうか。今回は、肉じゃががメイン料理のときにおすすめしたい献立を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 主菜を肉じゃがにしたときのおすすめ副菜とは

旨みのたっぷり溶け込んだ出汁がしみ込み、こってりした味付けが魅力的な肉じゃが。家庭料理の定番として、食卓に並ぶことも多いだろう。しかし、毎回同じ献立でなんとなく飽きてしまったと感じる人もいるのではないだろうか。肉じゃががメイン料理の日の献立がマンネリ化している人や、何を副菜とすればいいか悩んでいる人に、おすすめの副菜を紹介しよう。和風料理の肉じゃがは、やはり和のおかずでまとめてみてはいかがだろうか。

一つ目のおすすめの副菜は「ほうれん草のおひたし」だ。和風出汁と醤油で味付けをしたおひたしは、さっぱりしているのでこってり味の肉じゃがと相性バツグン。熱々の肉じゃがを食べながら、冷たいおひたしをつまむことで箸休めとしてもいいだろう。ほうれん草の緑色も映え、より美味しく肉じゃがを楽しむことができるのではないだろうか。

二つ目におすすめするのが「水菜の和風サラダ」。加熱した一口サイズのブロッコリーとカブを、水菜と和えるだけのスピード副菜だ。酢と醤油をメインに味付けしたサラダは、さっぱり感と野菜のみずみずしさが肉じゃがにとても合う。

さっぱりといえば酢の物も忘れてはいけない。茹でたたこときゅうりを酢で和えた酢の物は、歯ごたえのよさと簡単に作れるということから、人気の副菜である。さっぱりとした酸味とこってりした肉じゃがの相性はよく、副菜としておすすめだ。今回紹介した副菜は、肉じゃがとの相性はもちろん、食卓の彩りがよくなることや、肉じゃがを煮込んでいる間に作れることが、おすすめしたいポイントである。

2. 肉じゃがと相性バツグンのみそ汁の具とは

肉じゃがの副菜として、もう一つ忘れてはいけないのが「みそ汁」だ。具の旨みをたっぷり味わえるみそ汁は、美味しいだけでなく栄養もたくさん摂れ、健康にも役立つ。具のバリエーションが豊富でいろいろな料理に合わせられるのも魅力ではないだろうか。

そんなみそ汁は、もちろん肉じゃがとも相性ばっちりだ。肉じゃがに合うみそ汁としてまずおすすめしたいのが「キャベツとかき玉のみそ汁」。太めに千切りしたキャベツと溶き卵を、煮たてたみそ汁に入れれば完成だ。キャベツと卵の彩りが豊かで食卓がパッと明るくなる。火が通りやすい食材なので、時間もかからず簡単にできるだろう。

次に「みょうがときゅうりの香りみそ汁」を紹介しよう。たたき・細切り・輪切りと切り方を変えたきゅうりと、輪切りのみょうが、千切りにした大葉という少し珍しい具材が特徴。みょうがと大葉の香りで、さっぱり感を楽しめるみそ汁だ。しっかりとした味付けの肉じゃがと、ぜひ一緒に味わってほしい。

みそ汁と肉じゃがの具がかぶってしまうと、味や食感など食べたときの印象に差が出ないので、肉じゃがに入れている野菜以外で具材を考えてみてはいかがだろうか。その時期の旬の野菜を具材に加えてもいいだろう。

3. 肉じゃがのおすすめの付け合せは?

肉やじゃがいも、味付けに必要な醬油などで茶色がメインの肉じゃがには、付け合せで彩りが豊かなものを加えよう。肉じゃがの付け合せでポピュラーなのが、絹さややいんげんではないだろうか。ほかの野菜と一緒に煮込んでしまうと色が悪くなってしまうので、肉じゃがとは別に茹で、肉じゃがを器に盛ったあとのせたり散らしたりするのがポイントだ。

絹さややいんげんの代わりに、小松菜のおひたしやカイワレ大根、グリンピースを付け合せとしてもよい。付け合せを加えると、見栄えが格段によくなるので取り入れてみてはいかがだろう。

結論

肉じゃがはさっぱりした副菜との相性がよい。毎回同じような献立になってしまうという人は、今回紹介した副菜を参考にしてみてはいかがだろうか。副菜が変わることで、いつもの肉じゃがの味わいをより新鮮に感じるかもしれない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >