このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ペアリング初心者でも白ワインを楽しむ!相性の良いつまみとは?

ペアリング初心者でも白ワインを楽しむ!相性の良いつまみとは?

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年5月 5日

なんとなく高尚なイメージのある赤ワインと比較すると、初心者にも手に取りやすいのが白ワインである。味わいも柔らかなものが多く、蘊蓄をたれずに飲むことができる白ワインは、魚介類と相性がよいこともあって日本では人気が高い。今回は白ワインのさまざまなつまみのアイデアをみてみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 一般的な白ワインにあうつまみとは

キンキンに冷やした白ワインは、夏の日暮れ時のアペリティフとしては最上の美味となる。一般的な白ワインは、アペリティフに向いているほか、つまみとしては魚介類や卵料理が向いているといわれている。その中から、参考となるようなアイデアを見てみよう。

●魚介類と白ワインは最高のマリアージュ

白ワインは、一般的に魚介類と最高の相性といわれている。つまみとして気軽に食べるには、いかリングやサーモン、アンチョビなど、購入してそのままつまみになるものも少なくない。

また、おかず風のつまみとしては、アボカドとエビを組み合わせたサラダや天ぷらなどがよいだろう。まったりとしたアボカドの食味や天ぷらの脂っこさも、白ワインの酸味によってまろやかに変身する。

ちょっとパリ風に気取るならば、生牡蠣が王道といえるだろう。もちろん、焼き牡蠣や牡蠣のフライも、白ワインで美味しく食べることができるのである。

●白ワインに合う卵料理とは

白ワインには、卵料理が合うというのが欧米では常識である。茹で卵にマヨネーズを添えるだけでも十分美味しいが、少し手間をかけて煮卵にするといかにもつまみという雰囲気になる。また、ニラ玉やオムレツなど、子どもがいる家庭ではおかずとしても併用できるのが、卵のつまみのありがたいところである。

●パスタ料理も白ワインで!

また、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノやアンチョビとニンニク、そしてパセリをきかせたシンプルなパスタは、白ワインと組み合わせればすっきりとした味わいとなり絶妙である。

2. 辛口白ワインのつまみならチーズもOK!

チーズをつまみにするというと、やはり赤ワインが頭に浮かぶ。しかし、白ワインにも合うチーズは存在する。白ワインの中でも、少し辛口のタイプにはどんなつまみが向くのが見てみよう。

●白ワインに向くチーズの種類とは

通常、白ワインはあまりチーズとのマリアージュがよくないとされている。しかし、甘過ぎないタイプであれば、チーズとも十分美味しく飲むことができる。しかし、そのチーズのタイプも熟成物は向かない。モッツァレラやクリームチーズなどフレッシュタイプが白ワインと合うのである。ティラミスの材料となるマスカルポーネチーズも、最近は入手が比較的簡単なフレッシュチーズで、白ワインとよく合う。こうしたフレッシュチーズと白ワインの組み合わせは、盛夏には最高のごちそうとなる。辛口のワインでセミハードタイプまでならば、つまみとしてイケるだろう。

●辛口の白ワインのつまみ

辛口の白ワインは、酸味がきいた料理とよく合うといわれている。レモンや酢をきかせた魚介類は、これに相当する。アボカドやエビ、サーモンとキュウリなどを、レモンとオリーブオイルで絡めたものなど、気軽に作ることができる。

また、肉の中では淡白な鶏肉やあっさりした豚肉が辛口の白ワインのつまみに向いている。逆に、魚介類でも赤身の刺身などは白ワインにはあまり向かないことが多い。また、スモークサーモンやナッツなどドライ感があるつまみも、シャープな酸味のある白ワイン向きといえるだろう。

3. 白ワインのつまみに向く冬の料理

夏に楽しむワインというイメージが強い白ワインであるが、冬の料理とも美味しく飲むことができる。たとえば、ホワイトソースをつかったオーブン料理なども、あまり酸味がキレキレではないふくよかなタイプならば、白ワインと合わせて問題ない。コンソメスープで煮込んだロールキャベツも、優しい味わいと白ワインがマッチするだろう。

和食であれば、冬の風物詩であるおでんも白ワインのつまみとして美味しく食べることができる。また、マヨネーズと酢をきかせたポテトサラダも、ホクホクとした食感と白ワインのさわやかさがよきハーモニーを醸し出す。

結論

ワイン初心者としては、赤ワインよりも敷居が低く気軽に手に取ることができるのが白ワインである。白ワインの味わいにも、甘口や辛口などさまざまある。試行錯誤で、ぜひそれぞれのワインの味わいに合ったつまみを見つけてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >