このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
山芋とキムチは最高の組み合わせ?キムチを使って大人の山芋料理を

山芋とキムチは最高の組み合わせ?キムチを使って大人の山芋料理を

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年9月10日

韓国発祥のキムチは、元々は漬物として食べられていたが、辛味や塩味が強く料理の味付けとしても役立つことから調味料代わりに使われることも多い。肉料理や野菜炒めなどいろいろな食べ方があるが、山芋と合わせた料理もおすすめである。ここでは山芋とキムチを使った料理を紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 腸活にもよい?山芋とキムチを組み合わせるメリット

ネバネバ成分が特徴的な山芋だが、じつは腸活に役立つ「食物繊維」も豊富に含まれている。これは善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌を増やすのに役立つ栄養素だ。

キムチは、善玉菌の一種である「乳酸菌」が多く含まれている発酵食品だ。乳酸菌は腸内の細菌バランスを整える作用がある。便通を助けてくれることからも、腸活によいとして注目されている。

こうして見ると、山芋とキムチはどちらも腸に届く有効成分があり、腸の健康にぴったりの食材だと考察できる。1つの食品だけ食べるのではなく、どちらも掛け合わせることで相乗効果が期待できる。取り込める栄養素も多くなるのでこうした食べ方はおすすめだ。

2. 山芋とキムチを使った主役級料理の紹介

ここではまず、食卓のメインとなる主役級の山芋料理を紹介していきたい。

山芋と豚肉のキムチ炒め

豚肉には、糖質の代謝を助けるビタミンB1が多く含まれている。山芋には糖質が多く含まれているが、身体の中で利用されなければ使われずに溜まっていくのだ。この糖質をエネルギーに変える働きをするのがビタミンB1。そう考えると山芋と豚肉の相性は非常によい。山芋を炒めるときは、短冊切りがおすすめである。キムチを味付けとして使えば、ほかの調味料を足す必要もなく野菜も摂取できる。

山芋の鉄板焼き

すりおろした山芋にキムチを混ぜて、フライパンやスキレットで焼いたもの。山芋はすりおろして焼くだけで、ふわとろ食感を味わうことができる。モチモチとさせたい場合は片栗粉を足して固さを調整しよう。キムチを混ぜることで生地に味が付いているので、焼いてからソースや醤油を足さなくても美味しく食べられる。小口ネギや刻み海苔を飾って、簡単でボリュームのある一品を作ってみよう。

どちらもプラスする具材を変えてアレンジすることも可能だ。とくに鉄板焼きは、生地に混ぜるものをキムチではなく、たらこや納豆などいろいろなものに変化させやすい。食べごたえのある具材をプラスすると、満足感が増すのはもちろん栄養バランスもよくなる。キムチプラスアルファで、自分に必要な栄養素をとり入れていこう。

3. 山芋とキムチを使った副菜の紹介

それでは次に、山芋とキムチを使った副菜にはどのようなものがあるかを紹介していきたい。

山芋のキムチ和え

山芋を千切りにして、キムチを混ぜ合わせたもの。短冊切りではなく千切りにすることでキムチと絡みやすくなる。キムチと相性のよい調味料はごま油だ。めんつゆと一緒にごま油を和えることで、和と中華が重なった独特の味付けが感じられる。副菜としてはもちろん、白いごはんにそのままのせて丼風にしても美味しい。

山芋のキムチチーズ焼き

すりおろした山芋を耐熱容器に入れてキムチをのせ、チーズをかけて焼いたもの。グラタンのようなオーブン焼きアレンジだ。オーブン料理は暑い夏よりも肌寒い季節に食べると美味しく感じられる。キムチのカプサイシンには血流を促す作用があり、身体を温める効果が期待されている。

山芋とキムチのオムレツ

すりおろした山芋にキムチと溶き卵を混ぜてフライパンでオムレツ風に焼きあげたもの。ふわふわとした食感のオムレツは、卵だけでは作れない独特のものだ。上にチーズをかけると見ためも華やかで、より美味しい風味が楽しめる。焼きあがったオムレツに、さらにキムチをのせ、小ネギなどで彩りよく飾ろう。

結論

山芋とキムチの組み合わせは、腸の働きへのよいアプローチが期待できる。山芋のネバネバとした食感は、刺激の強いキムチの辛味を緩和してくれることだろう。主菜にも副菜にもアレンジできる山芋とキムチの組み合わせ。いろいろな料理に変化させて、健康づくりにも活かしてみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ