このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
和封筒や洋封筒に入れる便箋の折り方や入れ方のマナーとは?

和封筒や洋封筒に入れる便箋の折り方や入れ方のマナーとは?

投稿者:ライター 八木光代 (やぎみつよ)

2020年9月22日

自身の気持ちや近況を伝える際に手紙を出すことがあるだろう。しかし、便箋の折り方などが間違っていると相手が不快に感じてしまいかねないので注意が必要だ。和封筒・洋封筒に入れる便箋の折り方や入れ方を紹介する。ポイントを押さえて、正しい方法で友人や知人に手紙を出してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 和封筒に入れる便箋の折り方や入れ方【三つ折り編】

気持ちを込めて一生懸命手紙を書いても、封入の方法が間違っていると相手に失礼だ。和封筒に便箋を入れる時の三つ折りの折り方や入れ方を紹介しよう。相手に気持ちよく読んでもらえるように、ここで紹介する折り方や入れ方を実践してほしい。
和封筒には縦書きの便箋を入れる場合がほとんどだが、時に横書きの便箋を入れる場合もある。どちらの書式も、次の手順通り同じ折り方で封筒に入れる。
  • 表を上に向けて机に置く
  • 下から1/3を上に折る
  • 上から1/3を下に折る
  • 封筒を裏返し、文頭が右上に位置するように入れる
    (横書きの時は、便箋を広げた時の右上が入れる際の右上になるようにする)

2. 和封筒に入れる便箋の折り方や入れ方【四つ折り編】

幅の狭い封筒に入れる時に四つ折りで入れることがある。和封筒に四つ折りで便箋を入れる時の折り方や入れ方を紹介しよう。
横書きの便箋も同様の折り方になるので参考にしてほしい。
  • 表を上に向けて机に置く
  • 下から半分を上に折る
  • さらに上から半分を下に折る
  • 封筒を裏返し、文頭が右上に位置するように入れる
    (横書きの時は、便箋を広げた時の右上が入れる際の右上になるようにする)

3. 洋封筒に入れる便箋の折り方や入れ方【三つ折り編】

洋封筒に便箋を入れる時はどのように入れるのだろうか。洋封筒に便箋を入れる時の三つ折りの折り方や入れ方を紹介しよう。
洋封筒に入れるのは横書きの便箋が一般的だが、時に縦書きの便箋を入れることもある。折り方はどちらの書式も和封筒の三つ折りと同じ方法なので、先に紹介した折り方を参考にしてほしい。和封筒と異なるのは、封筒に入れる際の向きだ。
洋封筒に封入をする際は、封筒を表に向け文頭が下にくるように入れる。

4. 洋封筒に入れる便箋の折り方や入れ方【四つ折り編】

洋封筒に四つ折りで入れる時の便箋の折り方などはどのようにすればよいのだろうか。最後に、洋封筒に四つ折りで便箋を入れる際の折り方や入れ方を紹介しよう。
便箋の折り方が縦書きと横書きで違うので留意したい。正しい方法で便箋を封入し、相手に気持ちよく受け取ってもらえるようにしてほしい。

縦書き

  • 表を上に向けて机に置く
  • 左から半分を右に折る
  • 下から半分を上に折る
  • 封筒を表に向け、文頭が上に位置するように入れる

横書き

  • 表を上に向けて机に置く
  • 下から半分を上に折る
  • 右から半分を左に折る
  • 封筒を表に向け、文頭が上に位置するように入れる

結論

手書きの手紙は温かみがあり相手に気持ちが伝わるので、お礼状などを書く場面で活躍するだろう。洋封筒に四つ折りで入れる際は、書式によって折り方などが違うので留意してほしい。紹介した方法を参考にして、自身の思いや近況を綴った便箋を友人や知人に送ってみてはいかがだろうか。受け取る相手も喜ぶだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ