このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

重曹と酢を使った掃除術。排水溝の汚れは重曹と酢を混ぜる掃除術が有効

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

家庭用掃除アイテムとして近年注目を集めている「お酢」と「重曹」。この2つのアイテムを使えば、頑固な汚れもあっという間にピカピカになり掃除も楽になる。重曹は「炭酸水素ナトリウム」「重炭酸ナトリウム」と呼ばれる事もある。今回はそんなお酢と重曹を使った掃除方法を紹介する。

1. お酢を使った掃除術

最初に紹介するのはお酢を使った掃除術だ。お酢を洗剤代わりにする場合、おすすめなのは「醸造酢」や「ホワイトビネガー」。
米酢やフルーツ酢、黒酢、赤ワインビネガーなど色付きのものは不向きなので使用は控えよう。

お酢を使った掃除方法

お酢を掃除で使う場合は、お酢と水を1:1の割合で混ぜた「酢水」を作り、スプレーボトルに入れれば準備完了。水垢に酢水をスプレーし、軽くふき取るだけでOK。

汚れが酷い場合は、お酢をティッシュに染み込ませて、汚れた部分に当てよう。その後、使用済みの歯ブラシなどで擦れば、汚れが綺麗に落ちる。

お酢が得意なのは水回り

お酢が掃除で活躍する場所は「水回り」だ。お酢は酸性なので、基本的にアルカリ性の汚れに強い。マグネシウムやカルシウムを含む水道水はアルカリ性なので、頑固な水垢もお酢を使えば簡単に落ちる。

お酢には消臭・殺菌効果もあるので、キッチンだけでなく、お風呂やユニットバス、トイレの掃除にも使ってみよう。

また、排水溝のヌメリは、重曹と酢を2:1で混ぜると発生する「二酸化炭素の泡」で掃除することができる。シュワシュワした泡がヌメリを絡め取ってくれるので、30分ほど放置したら水かお湯で流せば完了だ。

お酢を掃除に使う際の注意点

お酢は水回りの掃除に便利だが、どんな場所にも使える訳ではない。特に気を付けて欲しいのは大理石への使用だ。大理石の掃除にお酢を使うと美しい光沢が損なわれる恐れがあり、最悪の場合、元に戻すには大理石を削らなくてはならない。

また、お酢をほかの洗剤と同時に使うのもNG。特に塩素系の洗剤と一緒に使用すると、有毒ガスが出て危険と言われている。普段口に入れているお酢も使い方によってはリスクもあるので、使用の際は十分気を付けよう。

2. 重曹を使った掃除術

次に重曹を使った掃除術を紹介しよう。
重曹とは?
重曹は様々な呼び方をされていて、「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ナトリウム」と記すこともある。化学式はNaHCO3で、ナトリウムの炭酸水素塩であり、白色の粉末状でアルカリ性だ。

重曹はベーキングパウダーの主成分で、お菓子作りなどに使われている食品だ。以前は調理用としてのみ使われていたが、最近では洗剤としても大きな注目を集めている。

掃除に使うときは調理用でなく洗剤用の重曹を購入するとよい。

価格も掃除用の方が安価なので経済的だ。重曹は掃除に活用できる範囲が広く、壁、床、スイッチ、照明器具など、汚れが落ちにくい場所も重曹を使うと綺麗にできるので、掃除方法をマスターしてほしい。

重曹を使った掃除方法

重曹小さじ2分の1を30度位のぬるま湯1カップに混ぜてスプレーボトルに入れる。重曹は水に溶けにくいのでぬるま湯に溶かす。
掃除の際は、汚れが気になる部分にスプレーして雑巾でふき取ろう。直接スプレー出来ない場所は、タオルに染み込ませて汚れをふき取ることをおすすめする。

重曹が得意なのは油汚れ

重曹が特に効果を発揮するのは「油汚れ」だ。重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になるので、酸性の油汚れを中和して落としやすくする。肉や魚など、酸性の悪臭も中和するので、キッチンにこびり付いた臭いを消すのにも役立つ。

重曹を掃除に使う際の注意点

重曹は65度以上のお湯と混ぜると強アルカリ性となり、素手で触ると手荒れの原因となるので、取り扱いには十分注意してほしい。

3. 最大のメリットは安全性

お酢も重曹も食品として使われるので、ほかの洗剤に比べて非常に安全だ。酢水や重曹水であれば、万が一口に入っても安心なので、小さいお子さんがいる家では特に重宝するだろう。

もちろんいずれも取り扱いに注意は必要だが、基本的な使い方を守れば安心・安全の優れものなのだ。

結論

もしお酢や重曹が余っていたら、掃除に活用しよう。それぞれ決められた分量の水で希釈して、スプレーボトルに入れれば洗剤に早変わり。お酢は水回り、重曹は油汚れ落としに活用できるので、頑固な汚れに困っていたらぜひ一度試してほしい。

人気の「重曹」を見る。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ