このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
グレープフルーツの効能とは?栄養豊富でストレス解消に効果あり!?

グレープフルーツの効能とは?栄養豊富でストレス解消に効果あり!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月20日

ダイエットや美容に効果があると言われ注目されているグレープフルーツだが、実際はどんな果物なのだろうか。グレープフルーツの隠された栄養と効能に加えて、オススメの食べ方や保存方法について紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グレープフルーツの紹介

今ではどこのスーパーでも見かけるようになったグレープフルーツ。実は、アジアが原産地と言われているのはご存知だろうか。ブンタンとオレンジが交配してできたとも考えられているフルーツである。グレープフルーツは、実の付き方がブドウ=グレープのように房状であることから、この名前がついたと言われている。

主な生産地

原産地とは違い、生産地は中国とアメリカ。日本にあるグレープフルーツのほとんどはアメリカ産だとも言われている。
アメリカ国内では、フロリダ、カリフォルニア、アリゾナが有名な産地として特に知られている場所である。

種類

果肉によって大きく3つに分類される。
■ホワイト種
■ピンク種
■ルビー種

2. グレープフルーツの栄養と効能

ダイエットや美容に加えて、疲労回復やストレス解消もうたわれているグレープフルーツだが、実際にビタミン群や炭水化物が豊富で、ミネラルやアミノ酸も含んでいる。以下に注目できる栄養素を紹介する。

イノシトール

グレープフルーツの嬉しい栄養素のひとつが、抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれているイノシトール。肝臓につく脂肪を抑えたり、腸の筋肉に働きかけて便秘の解消に役立つと言われている。肝機能向上にも役立ちそうだ。

リモネン

レモンなどの香り成分でも知られるリモネン。アロマオイルなどにも使用されており、安眠やリラックス効果があるとされる。ストレス解消にも効果が期待されている成分である。

ビタミンC

グレープフルーツで多くの人がイメージするのがビタミンCではないだろうか。グレープフルーツ1個に、1日の摂取量のほとんどを満たせるほどのビタミンCが含まれていると言われている。ビタミンCは、美白効果だけではなくストレス緩和にも役立つ栄養素のひとつである。

3. グレープフルーツの食べ方と保存方法

食べ方

そのまま食べる人が多いかもしれないが、スムージーやサラダに混ぜて食べるのもオススメだ。グレープフルーツの食べ合わせとしてオススメなのはパプリカ。パプリカに含まれるビタミンPという成分がグレープフルーツのビタミンCを傘下から守ってくれるからだ。

また、紅茶との組み合わせも疲労回復を期待できると言われているのでオススメである。食べるときの注意点として、薬との相性が悪いことでも知られているので、薬との併用は注意した方が良いだろう。

保存方法

1個ずつラップで包み、野菜室で保存すると大体2週間ほどもつと言われている。カットした後のグレープフルーツは時間が経つにつれて苦みが増すので、包丁を入れた後は早めに食べるのが好ましい。

結論

美容や健康に働きかける栄養成分が含まれているグレープフルーツ。手軽に入手できる果物なので、サラダや朝のフレッシュドリンクなどに積極的に加えたい食材だ。疲れた体をいたわるのにもオススメの食材である。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2017年5月27日

  • 更新日:

    2021年1月20日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ