このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

家庭料理の定番・ロールキャベツの崩れない巻き方の極意

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

柔らかく煮えたキャベツがじんわり美味しいロールキャベツは、家庭でも密かに人気の高いメニュー。1つ1つ丁寧に剥がしたキャベツで肉ダネを巻く作業は、とても手間がかかるが、その分、見た目も美しい。そんなロールキャベツ、崩れてしまっては美味しさも半減。今回はロールキャベツの基本を学びつつ、崩れない巻き方を伝授しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ロールキャベツとは

ロールキャベツとは、その名の通り、キャベツで肉ダネを包み、ロール状に仕上げた料理のこと。フィリングに使われるのは、豚ひき肉や鶏ひき肉、細かく刻んだ野菜など。丸く整え、茹でたキャベツでくるりと巻いて、煮込んでいく。味付けは、コンソメ、トマト、和風、クリームなどなど、お好みのものでOK。

キャベツが主役

今では肉がたっぷりと入った料理に進化したが、昭和初期までは肉の量はかなり少なく、あくまでもキャベツを美味しく食べるための料理だったことが伺える。戦後になるとさまざまな物資が手に入りやすくなったこともあり、十分に肉が使われる主菜級のメニューになった。

世界のロールキャベツ

世界には、ロールキャベツ似た料理が多く存在する。ドイツのクラウト・ヴィッケル。フランスのシューファルシ、ロシアのガルブツィなどだ。それぞれ、サワークリームを使う、お米を入れるなど、特徴がある。

2. 崩れない巻き方の極意

キャベツの葉を剥がす方法

ロールキャベツは、まずキャベツをきれいに剥がすことから始まる。芯をくり抜き、まるのまま湯にくぐらせると上手に剥がすことができる。より簡単に剥がすなら、丸のままラップをかけて、600Wで5分ほど加熱するといい。ちぎれないよう、丁寧に剥がすことが重要。剥がしたキャベツは、大きめの鍋にたっぷりと湯を沸かし、塩を入れて、茹でておく。2~3分茹でたら、冷水に放ち、粗熱が取れたら水を切って、バットなどにあげておく。

芯の下ごしらえが重要

ロールキャベツのポイントは、何と言ってもロール状に巻かれているその姿。このポイントになるのが、キャベツの芯の下ごしらえ。というのも芯は固く、厚みがあるので、そのままの状態では肉ダネが巻きづらいのだ。方法は2つ。1つはすりこぎなどで叩き、繊維を潰す方法。もう1つは、そぎ切りにして、芯を取り除く方法。どちらにしても、なるべく1枚の平坦な葉にすることが、上手に巻くポイントとなる。

葉の大きさに注意

キャベツは外葉であればあるほど、大きい。外葉は1枚で使用できるが、内側の葉は1枚だと少し小さい場合も。そういう時は、2、3枚ずらして重ねるなど、工夫をしよう。また、ちぎれてしまった場合なども同様に、小さい葉を重ねるなどして対応すること。あまりにも小さい葉は、大きい葉の中に使用するといいだろう。

3. 留め具の種類

つまようじ

ロールキャベツは巻き終わりを止める方法と止めない方法がある。止める場合、代表的なアイテムがつまようじ。ただ、つまようじは鋭利なので、穴が空き、そこから中身が出たり、葉がちぎれたりしまう危険性も。また食べることができないので、あまりおすすめはしない。

スパゲティが重宝

おすすめは、そのまま食べることができる素材で止めること。これなら、子どもやお年寄りも安心して食べることができる。かんぴょうなどと書いてあるレシピもあるが、自宅にかんぴょうがないケースも。そんなときは、スパゲティがおすすめ。スパゲティを1/4程度に折って、巻き終わりにさすだけ。スパゲティ自体に味がないので、ロールキャベツの美味しさを邪魔することもない。

結論

ロールキャベツを上手に巻くためには、キャベツの葉の下処理が重要。芯の部分を削ぎ落とした場合は、捨てずにスープや味噌汁の具、ぬか漬けにするといいだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ