このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハチミツに賞味期限はある?「永久に腐らない」は本当?

ハチミツに賞味期限はある?「永久に腐らない」は本当?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月22日

エジプトにある3300年前のピラミッドから、食べられる状態のハチミツが発掘されたという話を聞いたことはないだろうか。この話の根拠は明確ではないが、実際にハチミツは永久に腐らないといわれている。なぜ、腐らないのか。その理由と、日常生活でもっとハチミツを楽しむための活用術をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なぜハチミツは腐らないのか

なぜ、ハチミツは腐らないといわれているのだろうか。その理由は、まず水分が少ないことだ。食べ物が腐るためには、腐敗菌が繁殖するための水分が必要である。ハチミツは糖度が80%前後と非常に高く、水分はわずか15~20%しかない。この数値を聞いた人の中には、「20%もあるなら、少ないとはいえないのではないか?」と感じる方もいるだろう。しかし、水分量20%というのは、乾燥したかんぴょうと同じぐらいだといえば納得できるだろうか。
このように糖度が高く水分があまりないため、浸透圧によりハチミツが腐敗菌の水分を吸収し、菌が繁殖しにくい状態となる。また、ミツバチの唾液にはハチミツを酸性にするグルコン酸を作り出す力があるため、ハチミツは弱酸性の食品である。酸性の中では、菌が繁殖できない。これらの理由により、理論上は腐ることはないといわれている。ただし、これは天然のハチミツの話である。添加物が多く含まれたものは、この限りではない。

2. 賞味期限はどう考える?

腐らないはずのハチミツにしっかりと賞味期限が表示されていることに、疑問を抱く人もいるだろう。これは日本では表示が義務付けられているからであって、天然のハチミツを正しく保存していれば期限を過ぎたからといって腐るわけではない。ただ、2年を過ぎると風味が落ちてくるといわれている。そのため、多くのハチミツが製造から2年を目安に賞味期限が設定されているようだ。風味を楽しむという意味では、新しいものは生で食し、古いものは煮物などに使うといいだろう。

3. ハチミツに適した保存法

天然のハチミツは理論上では何年経っても食べられるが、それは正しく保存していた場合の話である。保存容器に水やパンくずなどが混入すれば、カビが生えることもあるだろう。また、指先を直接つけて味見したり一度口に運んだスプーンを使ったりすると、余計な菌が混入する原因となる。保存容器はしっかりと乾かしたものを利用し、スプーンも清潔な状態で使用するといいだろう。ハチミツはプラスチック容器で販売されているものも多いが、本来はガラス瓶で保存するほうがよい。なぜなら、プラスチック容器に長年入れておくと、においが移ることがあるからだ。購入後は、清潔なガラス瓶に移し替えておくといいだろう。
開封後は、常温保存が好ましい。冷蔵庫に入れると、ハチミツ内のブドウ糖が結晶となり白く固まったように見えることがある。しっかりとふたをした状態で、湿気の少ない戸棚の中で保存しておこう。万が一ハチミツが結晶化した場合は、50度前後のぬるま湯で湯煎すると元通りになる。湯煎をするときのためにも、プラスチックより瓶に入れておくほうが便利だろう。

4. 日々の生活にもっとハチミツを!

ここで、パンケーキやトーストにかける、ヨーグルトに混ぜる以外のハチミツ活用術をご紹介しよう。

・ナッツのハチミツがけ

アーモンドやクルミなど、好みのナッツを用意する。オーブンで軽くローストして清潔な保存容器に入れたら、上からたっぷりハチミツをかけよう。1週間ほど常温保存すれば完成である。小腹がすいたときの、おやつにピッタリだ。

・コーヒーゼリーカフェオレ

コーヒーゼリー・ハチミツ・牛乳をジューサーに入れて混ぜるだけで、ゼリー入りドリンクが完成する。好みに応じて甘さを加減できるのも、手作りドリンクの魅力だ。

・手作りグラノーラ

オートミールをから煎りしておく。油とハチミツを3:5の割合で、フライパンで温めて混ぜる。温めたハチミツに、から煎りしたオートミールと好みのナッツやドライフルーツを加えよう。バットに広げて冷ませば、手作りグラノーラが完成だ。清潔なフタ付きの瓶などに入れて保存しよう。

結論

ハチミツには菌が繁殖しないことが分かった。しかし、ボツリヌス菌だけは別である。大人は食しても問題ないが、1歳未満の赤ちゃんは命を奪われる危険性もある。小さな子どものいる家庭は充分に注意しながら、さまざまな食べ方でハチミツを楽しもう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >