このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

帽子の正しい洗い方をご紹介。お気に入りの帽子を長年愛用しよう!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月14日

お気に入りの帽子をふと見たときに、汚れが気になったことはないだろうか?クリーニングに出すことも選択肢の一つだが、帽子によっては自分で洗うことも十分可能だ。愛用の帽子をこまめに手入れして長く使っていくためにも、帽子の洗い方の基本を身につけよう。

1. 帽子は洗濯機で洗える?

一般的に、帽子は手洗いやクリーニングへ依頼するのが基本と思われていることが多いので、もしかしたら帽子を洗濯機で洗うという発想はなかなか浮かばないかもしれない。しかし、実際は問題なく洗えるものもあり、作業する手間やクリーニング費用を削減できる可能性があるので紹介しよう。

まず、洗濯機で洗える帽子かどうかを確認するポイントは2つある。第一に確認すべきは材質だ。具体的には、ポリエステルや綿、ニット製などであれば洗濯機を使用することができる。そのほかの素材でも、洗濯表示で可能と記載されていれば問題ないだろう。ただし、注意点として、洗うときは洗濯ネットに入れ、洗剤をおしゃれ着用のものにするなど、なるべく優しく洗うことを心がけよう。

次に、型崩れを起こさないものであるかも改めて確認しておこう。麦わら帽子などを洗濯機で洗おうとは考えないだろうが、キャップやハットも注意が必要だ。逆に、ニット帽やトレッキングハットなどは型崩れの心配は比較的少ないと思われるので、素材の確認をしておけばよいだろう。ちなみに、ベルトなどが付属している場合はできるだけ取り除き、刺繍などがあるなら裏返しておくなど、負担がかからないように配慮しよう。

2. 帽子を手洗いする手順と注意点

手持ちの帽子を自分で洗おうと思うなら、やはり基本的には手洗いをした方がトラブルのリスクが低いことを念頭においておくとよい。ただし、優しく洗える手洗いの場合も、洗濯表示の確認は必須だ。手洗いマークがきちんとあるか、温度の上限は何度なのか、そして家庭での洗濯禁止マークがないかなどを改めてチェックしよう。問題がなければ、以下の手順で帽子を手洗いしていく。

まずは、汚れを落ちやすくするために、洗面器などの洗い桶にぬるま湯を張っていこう。このとき、洗濯絵表示の温度上限をきちんと守らないと、色落ちなどのトラブルが発生するリスクがあるので注意が必要だ。次に、中性洗剤やおしゃれ着用の洗剤などを適量加えたら、帽子を入れる。

まずは軽く押し洗いをして汚れを出していくのだが、くれぐれもつばが折れたり、型崩れがおきたりしないよう、優しく慎重にすることを心がけるのが大事だ。洗濯液が汚れたら、ぬるま湯のみを新しく入れてすすぎを行う。

3回程度すすいだら、タオルなどで水分を吸収させるのだが、絞るようなことはせず、あくまで帽子全体を優しく包むだけにとどめよう。

最後に、ザルなどを使って帽子をかぶった状態にして、型崩れがおきないようにしつつ乾燥させる。ちなみに、洗濯バサミなどの使用は跡が残ってしまう可能性もあるので、ひかえよう。

3. 帽子の汗染みなどの部分汚れを処理する方法

帽子を洗いたいと感じたきっかけの多くは、部分的に汚れがついてしまったことなのではないだろうか?たとえば、内側の額があたるような部分における汗染みなどは、洗いたいと感じる代表的な部分汚れだといえるだろう。ここでは、汗染みなどの取り方を紹介していくので、ぜひきれいな状態を取り戻してほしい。

基本的には、手洗いで帽子全体を洗うステップの途中に、汚れが気になるところの集中ケアを挟むことになる。歯ブラシなどで汗染み部分を優しくこすったり、洗濯液をつけたタオルで何度かふいたりすると効果的に落ちるとされている。また、前処理として、汚れが気になる部分へ先に洗剤をつけて軽く叩いておくと、効率的に汚れが落ちる可能性が高まるのでぜひ試してみてほしい。

なお、基本的に手洗いや部分洗いでも、何度もやってしまうとどうしても帽子に負担がかかり、傷めてしまうことになる。日頃のケアをしっかりしておくことは、重要なことだといえるだろう。帽子を使用した後には、毎回ブラッシングをしたり、除菌スプレーなどで保護したりすることが効果的だ。お気に入りの帽子に汚れが定着させないこともぜひ心がけていってほしい。

結論

お手持ちの帽子が洗濯機で洗えるかどうかや、手洗いの方法、部分汚れの洗い方などを紹介したが、理解が深まっただろうか?ぜひ、長年愛用できるように、正しい洗い方の実施と、未然に汚れがつかないように心がけることを忘れないようにしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ