このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
乾燥剤の正しい捨て方とは?シリカゲルや石灰乾燥剤など種類別に解説

乾燥剤の正しい捨て方とは?シリカゲルや石灰乾燥剤など種類別に解説

投稿者:ライター 松本マユ (まつもとまゆ)

2020年8月23日

お菓子や海苔など食品の袋に入っている乾燥剤は、どのように捨てるのが正しいかご存知だろうか?この記事では意外と知らない乾燥剤の捨て方をはじめ、乾燥剤の役割や種類、いらない乾燥剤を再利用する方法を紹介する。捨て方に注意が必要な石灰乾燥剤についても詳しく解説していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 乾燥剤の捨て方の前に

乾燥剤の捨て方について解説する前に、まず乾燥剤にはどのような種類があるか見ていこう。食品に使われる乾燥剤は「シリカゲル」と「石灰乾燥剤」の主に2種類に分けられる。

シリカゲル

二酸化ケイ素を原料として作られる、ビーズ状の乾燥剤。毒性がないうえ水分を吸収しても溶けたりふくらんだりしないため、もっとも広く使われている。シリカゲルはポリエチレンなどのプラスチック製の袋や、アルミや不織布の袋に入っていることが多い。

石灰乾燥剤

酸化カルシウムを原料とする「生石灰」により吸湿するタイプの乾燥剤。シリカゲルよりも安価だが、水分に反応してふくらむ性質や、水に触れると発熱する性質をもつ。取り扱いには注意が必要だ。石灰乾燥剤は耐水紙や耐油紙でできた袋に入っていることが多い。

乾燥剤には複数の種類があると紹介したが、実は種類によって捨て方に注意しないといけない場合がある。次からは、乾燥剤の捨て方について詳しく解説しよう。

2. 乾燥剤の正しい捨て方

ゴミの分別ルールは自治体によって異なるため、乾燥剤の捨て方も地域ごとで異なる。しかしもっとも一般的なのは、乾燥剤を「燃えるゴミ」として扱う捨て方だ。袋も中身も燃えるゴミとする自治体が多いため、袋ごと捨ててしまっていいだろう。

「燃えないゴミ」になるケースも

ただし、自治体によっては乾燥剤を「燃えないゴミ」として扱っているところもある。乾燥剤を捨てる前にお住まいの自治体の分別一覧表やホームページを確認し、定められた捨て方に応じて処分しよう。
最近はゴミ分別アプリを配信している地域も多いため、ダウンロードしておくと簡単にチェックできておすすめだ。

3. 生石灰タイプの乾燥剤の捨て方に注意

乾燥剤の中でも捨て方に注意したいものがある。それは生石灰を使った石灰乾燥剤だ。
上で紹介したように、生石灰は水に触れると発熱する。そのため石灰乾燥剤の正しい捨て方は、水分を含むものと一緒に捨てないようにすることだ。うっかり生ゴミの袋に入れてしまった、濡れたままのウェットティッシュと重ねてしまったなどといった場合は、発熱する可能性が高い。

もし石灰乾燥剤を濡らしてしまった場合は、速やかに可燃物から離して熱が引くまで待とう。捨て方を誤ると、場合によってはヤケドする危険性も考えられるため要注意だ。

4. 乾燥剤の捨て方以外に再利用法も知っておこう

ここまで乾燥剤の捨て方を解説してきたが、実は捨てずに再利用する方法もある。
たとえばシリカゲルは、一度使っても温めることで、再び乾燥剤として利用できる。また使い終わった石灰乾燥剤は、畑や庭の肥料として再利用可能だ。次からはその理由や再利用方法について詳しく紹介しよう。

シリカゲルは温めて再利用できる

シリカゲルが吸収した水分を飛ばすことで、乾燥剤として再利用できる。まずは袋からシリカゲルを出し、フライパンでゆっくり温めよう。水分を吸ったシリカゲルはピンク色や白色だが、粒が青色になったら再利用できる。
シリカゲルを電子レンジで温める方法もあるが、一気に熱すると破裂する可能性があるため、電子レンジを使う際は十分に注意しよう。

石灰乾燥剤は肥料になる

生石灰に使われる酸化カルシウムは、水分を吸収することで消石灰に変化する。この消石灰は土壌改良材としての効果をもち、畑や庭の肥料に再利用できるのだ。
石灰はアルカリ性のため、消石灰となった乾燥剤を畑や庭の土に入れることで、酸性になった土壌を中和させることができる。雨が多く土壌が酸性化してしまう場合などに役立つだろう。

結論

乾燥剤を捨てる際は、お住まいの自治体のゴミ出しルールを守り、正しい捨て方で処分しよう。また捨てる方法以外にも、水分を飛ばして再び乾燥剤として使ったり、肥料にしたりする方法もある。ゴミとして出す前に、ぜひ活用してみてはいかがだろうか。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ