このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ツイストパーマの男性の後ろ姿の写真

パーマはノーセットでも決まる!特におすすめなのがツイストパーマ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年9月 7日

パーマを検討しているメンズの中には「日々のセットはどうすればよいのか?」と悩んでいる方もいるのではないだろうか?本稿ではノーセットでもおしゃれに決まる、メンズにおすすめ&人気のパーマ「ツイストパーマ」について、その魅力やノーセットでもおしゃれに決まる理由、オーダーする際のポイントなどを解説していく。

  

1. パーマはノーセットでOK!ワックスも不要!

鏡を見ながらヘアスタイルをセットしている男性の写真
これからパーマを検討しているメンズの中には、日々のセットはどうすればよいのかなど不明な点も多いのではないだろうか?だがパーマは基本的に、ノーセットでOKである。

パーマの「持ち」はセットうんぬんで決まるわけではない

きちんとセットしたほうがパーマの持ちもよくなるのでは?と考えるかもしれないが、ワックスなどで毎日丁寧にセットしたからといってパーマが長持ちするというわけではない。

ノーセットにすることでナチュラルな無造作感が生まれる

むしろ、ワックスなどを使ってカッチリ固めないことで、パーマ特有のナチュラルな無造作感が生まれる。とはいえ「セットNG」という意味ではないので必要に応じて、あるいは自分のイメージによってセットすること自体はまったく問題ない。

2. ノーセットで決まるパーマをお探しのメンズにはツイストパーマが一押し!

美容院でツイストパーマをかけている男性のイメージ写真
ひと口にパーマといっても実にさまざまなスタイルが存在するが、とくに「ノーセットでもカッコよく決まるパーマ」をお探しのメンズにおすすめなのがツイストパーマだ。

そもそもツイストパーマとは?

ツイストパーマとは、名前の通り「ねじって」つくるパーマである。一般的なパーマとの大きな違いはロッドを使用しない点だ。簡単に、ツイストパーマの工程を解説する。

【ツイストパーマの工程】

  • 一定量の毛束をつくり根元からねじる
  • ねじった毛束をさらに指に巻き付けてピンで固定する
  • 全体的に同様の作業を繰り返す
  • パーマ液をかけて加温または自然放置すれば完成
髪の毛をねじることで根元から細かいウェーブがかかり、さらに指に巻き付けることでカールがかかる。全体的にボリューム感のあるワイルドで男らしい印象のパーマだ。ねじる強さや巻き付け具合でウェーブやカールを調整できる。ツイストパーマをかける際はどのようなスタイルに仕上げたいか、美容師としっかり相談することが大切だ。

ツイストパーマがノーセットでもおしゃれに決まる理由

ツイストパーマはドライのみでも、ボリューム感と動きのあるスタイルを再現できる。これがノーセットでもおしゃれに決まる最大の理由だ。ただし、絡みやすい髪型である点は注意が必要だ。乾かすときは流さないトリートメントなどを使用し、ウェーブの間に空気を入れるイメージでクシャッともみ込むように乾燥させていこう。

3. ノーセットで決まるツイストパーマは短髪のメンズにもおすすめ!

鏡の前で髪をいじる短髪の男性の写真
一般的にパーマというと、髪の長さが一定以上必要というイメージがある。だがツイストパーマは短髪のメンズでもかけられる。ツイストパーマをかけるメリットも含めて説明しよう。

ツイストパーマは5〜6cmなどの短髪でもかけられる

ツイストパーマをかける際、指に巻く長さは必要だが5〜6cm程度あればOKだ。むしろツイストパーマ特有のボリューム感を出せる長さは「5cmだ」という美容師もいる。したがってノーセットでもおしゃれに決まるツイストパーマは、短髪のメンズにもおすすめできるというわけだ。スタイリング、ボリューム感が出ずに苦労しているメンズにもまさにピッタリだろう。

ツイストパーマをかけるメリット

ツイストパーマをかけることで得られる大きなメリットは「髪の動き」と「ノーセットでもスタイリングが完結すること」だ。髪の毛1本1本にウェーブの形状が記憶されるため、寝ぐせがつきにくいというメリットもある。短髪といえば寝ぐせがつきやすいものだが、ノーセットで決まるツイストパーマにすれば寝ぐせ直しの時間を大幅にカットできるだろう。スタイリングが苦手、朝の時間帯に余裕がないといった方もツイストパーマが解決してくれるはずだ。

4. ノーセットでもおしゃれに決まる!ツイストパーマのオーダー方法

ハサミとコームを持っている美容師のイメージ写真
ノーセットでもおしゃれに決まるツイストパーマだが、かけ方によって印象が大きく変わるスタイルでもある。そのため美容師にいかに自分の理想のイメージを明確に伝えるかがポイントになる。

ツイストパーマをオーダーするときのポイント

ねじる毛束の量、ねじりの強さ、巻き付け具合などによって、かかるカールやウェーブの細かさ、大きさが変わってくる。裏を返せば、なりたいイメージを正確に伝えることさえできれば、自由自在に対応してもらえるパーマということだ。
ノーセットでもおしゃれに見えるシルエットに仕上がるよう、自分が思い描いているスタイルを探して画像で提示するとより伝わりやすい。
ただし、このとき自分の骨格などに合ったモデルの画像を探すことが大切なので覚えておこう。骨格や顔のパーツなどが乖離していると、イメージしていた仕上がりにならないおそれがあるためだ。
またツイストパーマは傷みやすい欠点がある。傷みの程度次第では断髪するおそれもあるため、美容師に傷みやすい髪質か、かかりやすさはどうかを判断してもらいながら、ノーセットでもおしゃれなツイストパーマを目指してほしい。

結論

パーマは基本的にノーセットでOKだが、とりわけメンズにおすすめしたいのがツイストパーマである。セットせずに決まるということは、セットすればまた違う雰囲気を楽しむこともできるということだ。ラフさや男らしさがある魅力的なツイストパーマに、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか?
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年10月18日

  • 更新日:

    2022年9月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧