このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

タコの美味しい食べ方は?生でも煮ても焼いても美味しい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

日本は世界で一番タコを食べている国だということをご存知だろうか?その消費量は年間約16万t。世界の漁獲量の3分の2を日本で消費していることになる。生で食べても美味しく、茹でても焼いても美味しいタコはアレンジが多彩。タコ焼きは子どもにも人気のメニューだ。タコは日本の食生活に欠かせない食材なのだ。今回はそんなタコの選び方のポイントから美味しい食べ方まで詳しく紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいタコの特徴は?新鮮なタコの選び方

タコは魚屋だけでなくスーパーでも売られているので、手に入れやすい食材といえよう。生鮮食品なだけに鮮度が命だ。タコはスーパーでは茹でた状態で売られていることが多いが、新鮮なタコの選び方は、見た目が暗い赤色で、ツヤのあるものを選ぶことだ。一般的にメスのほうが美味しいといわれている。オスとメスを見分けるポイントは吸盤の大きさだ。まだらなのがオスで、綺麗に揃っているのがメスである。オスのほうが身が引き締まっていて固く、メスは柔らかいのも特徴のようだ。味に大差はないが、食べ比べてみるのも楽しいだろう。生の刺身は鮮度によって美味しさに違いが出るのでとくに慎重な選び方が必要になるだろう。

2. 生でも焼いても旨い!タコの美味しい食べ方とは?

新鮮なタコは生でも食べられるが、市場にはあまり出回っていない。生で食べる時はヌメリがあるので塩もみをして、皮をむいて食べるのが美味しい食べ方だ。菌が気になる人はさっと茹でるとよいだろう。タコの旨み成分は加熱することで強くなるので、生で食べる時にも軽く湯通しするともっと美味しく食べられる。
スーパーで売られているタコは生食用と書いてあり、ボイルされているのが一般的だ。軽く水洗いして、醤油などを付けてそのまま食べたり、酢の物にも使ったりできる。生食用のタコは生で食べても美味しいが、焼いても煮ても美味しい。タコ焼きは説明するまでもないくらい有名だが、タコ飯、タコの唐揚げ、タコの煮付けも美味しい食べ方だ。カルパッチョなどは見た目もオシャレでホームパーティーの前菜にもぴったり。とにかく多様な使い方ができるタコ。いろいろ試して美味しい食べ方を追求してみよう。

3. タコの煮付けを美味しく作るポイントは?

タコは煮ると柔らかくなり、子どもでも食べやすいので煮付けにして食べても美味しい。タコの煮付けの簡単なレシピを紹介しよう。
  • 茹でタコを水で軽く洗い、食べやすい大きさに切る
  • 鍋に水、砂糖、醤油、酒を入れてひと煮たちさせてからタコを入れる
  • 再び沸騰したら弱火にして煮る。最後にみりんを入れて照りを出したらできあがり
甘めが好みなら砂糖を多めにするとよい。さらにタコと一緒に薄切りにした生姜を入れると香りが引き立ち味のアクセントにもなるので、ひとかけら入れてみるのもよいだろう。美味しく作るポイントは、弱火で時間をかけて煮ること。タコは強火で煮ると身が締まって固くなるので注意しよう。柔らかく煮付けたタコなら小さな子どもの口にも合うので、家族で美味しく食べられるだろう。

4. アレンジが多彩なタコ!おすすめレシピはこれ

単体で食べても美味しいが、アレンジするならたくさんの野菜と一緒に食べられるサラダや、簡単にできるカルパッチョがおすすめだ。タコのサラダはとても簡単。茹でタコを適当な大きさに切り、レタス、トマト、玉ねぎなど好きな野菜と混ぜ合わせてお好みのドレッシングをかけて完成だ。
カルパッチョは、刺身用のタコと玉ねぎを用意する。薄くスライスし、水にさらしておいた玉ねぎの上にタコをのせ、オリーブオイル、レモン、すりおろしニンニク、塩、黒コショウを混ぜ合わせたものをかけ、冷蔵庫で冷やすと美味しく食べられる。味付けにこだわりたいならソースやオイルをアレンジしてみよう。タコ自体がシンプルな味わいなのでいろいろな素材との相性がよい。ぜひアレンジ料理にも挑戦してほしい。

結論

刺身でも、煮ても焼いても美味しく、さまざまな食べ方が楽しめるタコ。調理方法によって食感も変わり、味わい深くもなる。タコにはタウリンとビタミンB2がたっぷり含まれており、栄養の面でもありがたい食材なのだ。酒をよく嗜む人はタコを積極的に取り入れるとよいだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ