このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シェーブルチーズ【トレフル】を徹底解説!特徴や産地、食べ方とは

投稿者:ライター 田口忠臣(たぐちただおみ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月27日

フランスの北部ノルマンディー地方で作られるトレフルは、四つ葉のクローバーの形をしたシェーブルタイプのチーズである。また製造が始まって10年ほどの新しいチーズだが、パリなどの都市部のチーズショップでもよく見かけるほどの人気のチーズである。今回は、そんなトレフルの特徴や美味しい食べ方などについて解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トレフル チーズの特徴

【Instagram埋め込み用タグ】
トレフルは、ヤギの生乳を原料として作られるシェーブルタイプのチーズである。フランス語でトレフルとは、クローバーのことで、その名がついたチーズのトレフルは四つ葉のクローバーの形をしている。

チーズ初心者でも食べられるシェーブルタイプのチーズ

トレフルなどシェーブルタイプのチーズは、舌触りが滑らかなことが特徴である。これはヤギの生乳が、牛乳に比べ脂肪分が少ないため、固くなりにくいからである。また、ヤギの生乳にはビフィズス菌が多く、乳酸発酵することから酸味が強いのも特徴だ。またシェーブルタイプのチーズには、ヤギの生乳特有のクセやにおいがあるが、トレフルは灰をまぶして熟成させることから、比較的クセやにおいを感じることがなく、シェーブルタイプのチーズ初心者でも美味しく食べられる。

トロリとした中身も特徴

一般的にシェーブルタイプのチーズは、熟成させ過ぎると水分が抜けて固くなるため、長期の熟成には向いていない。しかし、トレフルは製造工程で、チーズの表面を急速に乾燥させて外皮のように固めてから、湿度の高い熟成庫に入れて熟成させることで、中はとろりとやわらかいまま熟成される。さらに熟成が進むと身がしまっていき、旨みとコクが増していくのが特徴でもある。

2. トレフル チーズの原産地と歴史

トレフルの原産地は、フランスのノルマンディー地方のオルヌ県である。この地域ではAOC(原産地統制名称)に認定された白カビタイプの「カマンベール・ド・ノルマンディ」やウォッシュタイプのチーズ「リヴァロ」「ポン・レヴェック」も作られている。

トレフルは、アンドレ・ルラ氏が開発したチーズである。この地の古い農家をアンドレ・ルラ氏が購入したのが1980年頃である。チーズ作りを始めて10年ほどの試行錯誤の結果、1995年にバジルが入ったフレッシュチーズがヒット。そして2005年に四つ葉のクローバーのかわいらしい形をしたシェーブルタイプのトレフルの製造が開始された。フランスには100年以上の歴史のあるチーズも多いが、そのなかでトレフルは比較的歴史の浅いチーズである。いまでは7軒の生産者によって作られており、パリ市内など都市部のチーズ店でもよく見かけるようになった。

3. トレフル チーズの楽しみ方

トレフルをはじめシェーブルタイプのチーズは白ワインとの相性がよいといわれている。チーズの酸味に白ワインのフルーティーな酸味がマッチすることが理由である。とくによく冷やしたスパークリングの白ワインがおすすめである。

また、ワイン以外ではシードルとの相性もよい。トレフルが作られるオルヌ県はフランス北部ノルマンディー地方。リンゴの栽培に適した気候といわれており、リンゴから作られる酒、シードルが作られる地域として知られている。一般的に、チーズは同じ土地で作られる酒との相性がよいことが多い。したがってトレフルも同じノルマンディー地方で作られるシードルとよく合うわけである。

トレフルは、そのまま食べるほかに、ハチミツやジャムと合わせても美味しい。その際はシードルをさらに蒸留した酒「カルヴァドス」と一緒に楽しむのもおすすめである。

結論

トレフルは、四つ葉のクローバーの形をしたシェーブルタイプのチーズである。製造が始められてからまだ10年ほどと歴史の浅いチーズであるが、その形と味わいから人気となり、フランスの都市部のチーズ専門店でも扱われており手に入れやすい。四つ葉のクローバーの形からプレゼントにもぴったりのチーズなので、チーズが好きな人に贈ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ