このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ガーリックシュリンプとは。発祥の地を紹介!味の決め手はマリネ液!

ガーリックシュリンプとは。発祥の地を紹介!味の決め手はマリネ液!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2020年2月27日

ハワイを代表するB級グルメ「ガーリックシュリンプ」。ハワイ旅行の際にノースショアで食べた人も多いのではないだろうか。1度食べたらクセになる、ガーリックシュリンプの味の秘密に迫る。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガーリックシュリンプ発祥の地はどこ?

オアフ島・ノースショアに点在する複数のフードトラックが話題となり、ハワイB級グルメとしてすっかり定着したガーリックシュリンプだが、その歴史はまだ浅い。1970年台後半にオアフ島の最北端に位置するカフクという町でエビの養殖が営まれることになったことから始まる。この頃、いくつもの広大な池がエビの養殖場として整備された。

ガーリックシュリンプを最初に販売したといわれる店は、その新鮮なエビを材料に、1993年にフードトラックで営業を開始した。初めは移動しながら販売していたが、そのクセになる美味しさが地元の人に口コミで伝わり、1996年にカフクを定位置にしたという。それを機に、ほかのガーリックシュリンプ店も少しずつカフク周辺にオープンしていった。

今ではフードトラックのほかに、店舗で販売しているところもあるが、ランチの時間帯にはどの店にも行列ができ、地元住民や観光客を問わず人気となっている。

2. ガーリックシュリンプの決め手はマリネ

ガーリックシュリンプの人気の理由は、エビのプリプリの食感と、たっぷりのガーリック。醤油味やバター味の追加や激辛ガーリック味など、それぞれの店で少しずつ味付けが違うことも、観光客の心を掴んで離さない理由かもしれない。

味の染みた熱々のガーリックシュリンプを豪快に手で食べるのも楽しく、付け合わせのライスがどんどん進む。ついついまた足を運んで、食べ比べたくなってしまうようだ。

作り方はいたってシンプル。背わたを取ったエビをオイルと大きめのみじん切りにしたガーリック、シーズニングソルトやスパイスを混ぜたマリネ液に1晩漬け込み、フライパンでマリネ液と一緒に焼くだけ。それぞれの店の味の決め手は、このマリネ液の配合だ。ハワイでは、お気に入りの店の味について、ガーリックシュリンプ談義が盛り上がっているとか。

結論

ハワイでの人気を受けて、日本でもガーリックシュリンプのマリネ液が販売されるようになった。液に漬けて焼くだけなので、無性にガーリックを味わいたくなった時は迷わずトライしてみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >